スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内閣府調査、DV被害3割

2009年03月25日 06:28

DV経験、女性の3割超  05年から被害減らず

 夫から暴行や精神的な攻撃などドメスティックバイオレンス(DV)の被害を受けた経験がある女性は33・2%に上ることが24日、内閣府が昨年実施したアンケートで分かった。2005年実施の前回調査と同じ比率で、DV被害が依然として深刻な実態が浮き彫りになった。国や自治体は対策の見直しを迫られそうだ。

 夫からDVを受けたことがある女性のうち、13・3%は命の危険を感じたと回答。10代から20代で恋人から暴力を受ける「デートDV」を経験した女性は13・6%で、このうち21・9%が命の危険を感じたと答えた。

 過去5年以内に限定した夫からのDV被害は13・6%。相談先については「相談しなかった」が53・0%で最も多く、「家族や親せき」「友人・知人」がいずれも27・6%だった。「医療関係者」や「警察」は3%台、都道府県の相談支援センターや弁護士会・民間シェルターなど官民の支援機関は1%台だった。

 夫からのDVでけがをしたり、精神的に不調になったりしたと答えた女性は34・8%、「デートDV」では48・4%に上った。アンケートは昨年10-11月に全国の成人男女計5000人に実施し、有効回収率は62・6%。

2009/03/24 10:12   【共同通信】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。