スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースレター09年春号 その5

2009年04月12日 18:51

《報告》全国シェルターシンポジウムinおかやま 分科会

分科会A-2 DV被害当事者の自立
 
「DV被害当事者の自立に関するアンケート」の結果が報告され、約2割の女性や子どもが暴力をふるう夫のもとに戻らざるをえないという厳しい状況。ステップハウスの重要性が指摘されているが、実際にステップハウスがある地域の少なさが見えた。さらにDV被害者の住宅確保について研究された女性から出された「当事者ありきの自立支援」の問題点として欠けているのが、子どもへの視点。「私たちは被害者なのか、罪人なのか。なぜ「指導」されなくてはいけないのか。上からの目線ではなく、一緒に目の前の問題を考えてほしい」当事者からの切実な声がそこにはあった。

分科会A-8 DV被害者の心のケア

 DV被害者は暴力により怪我や精神的不調を抱え、更には精神科疾患を抱えた人も少なくない。そうした人の傾聴の基本
は、「ええ」「そうですね」と受容し、「たいへんでしたね」「つらかったですね」と共感をすること。また、してはいけないことは、責めたり、疑ったり、否定したりしないこと。被害者のニーズを的確に把握し、被害者が安全性の確認やセイフティ・プランを理解できるようにすることなど、71枚にも及ぶ資料は、支援者として何度も読みこなしたいものでした。

分科会B-2 DV予防教育
      ~若い人たちへのアプローチ~

 予防教育は早ければ早いほどいいとは、実践をされている講師の方たちの言葉だ。しかし、予防教育が行政と一体になって行われている県は数少ない。DVの周知度が71%に比べて、デートDVは8%に過ぎない。中・高校生・大学生たちにデートDVが認知される必要性がある。デートDVが個人の問題ではなく、社会における男女間の権力構造を反映したものだといった教育プログラムがようやく内閣府によって始められたようだ。まだまだ民間団体の活動が必要とされている。     

分科会B-7  男社会からの脱却
         ~カップル幻想とDV~

 まず「女性ホームレスとカップル幻想について」と題して大阪のよろず相談をしているグループからの報告。ホームレス女性だけの集会を各場所で実施して話を聞いている。女性が一人でいると身の危険がある。自己防衛のため女に見えないようにしたり、或いは男性とカップルを装うこともある。しかしそれも必ずしも安全ではなくその相手から暴力を受けることもあるそうだ。
「結婚している男女のカップルを「普通」としてきた制度とは?」と題しては社会福祉政策を中心にオトコ社会の構造と若者(学生)の意識を対比・検討し、問題点を探った。

分科会B-8
暴力被害女性と子どもへの同時並行プログラム・びーらぶ

この「びーらぶプログラム」は発達段階にあわせて「就学前用」「小学校低学年用」「小学校用高学年用」「思春期用」の4種類あり、それぞれスタンダードプログラム(12回)とショートプログラム(1~4回)がある。スタンダードは、母子生活支援施設やステップハウス(長期滞在型の施設)を対象とし、ショートは、緊急一時保護施設に入所者を対象としている。例えば、低学年スタンダード版を紹介すると「ここはあんしん」(第2回)と感じさせ、「たたいちゃやだ」(第3回)、4回)と暴力に遭遇した際の対処法、「あんぜんけいかく」(第5回)「こまったときどうする」(第6回)とすすみ、「いろんなきもち」(第8回)「いろんなかぞく」(第9回)と他人とちがっていいこと、自分の思いこみからの脱却、「わけっこしよう」(第10回)「だいじなわたし」(第11回)で互いを尊重した話し合いと自尊心の回復、肯定的なメッセージのシャワーを体験するプログラムとなっている。各地域でこのような母子のためのプログラムが展開され、多くの母子の心のケアがおこなわれることが望まれる。

スポンサーサイト

ニュースレター09年春号 その4

2009年04月11日 15:51

《報告》第11回全国シェルターシンポジウムinおかやま  
08年11月22日・23日

「とりもどそう元気 ささえよういのち」     
                   
                      理事長:宮田喜美江

「第11回全国シェルターシンポジウム2008 inおかやま」が11月22日と23日に岡山県倉敷市の川崎医療福祉大学を会場に開催された。

1日目は加藤洋子さんとMary.R.Johnsonさんによって「アメリカ(30年)と日本のシェルターの歩みと課題」と題した基調講演があり、日本のシェルターの未来へ向けての提言があった。その中で加藤さんの活動や、アメリカ西マサチューセッツ州YWCAの公開式のシェルターの紹介があった。女性たちがシェルターで安心して生き生きと暮らしている姿に感嘆の声が上がった。建物の内部は女性のために暮らしやすく考えられている。住所も公開しているが警察との連携もあるため加害者は近づきにくく安全が確保されている。それは従来とは逆の発想であり、未来のあり方の望ましい方向ではないだろうか。その後11の分科会が行われ、活発な報告や議論があった。夕方からの交流会では、全国からの参加者(2日間でのべ900人)で会場はいっぱいになり、あちらこちらで情報交換が行われていた。

2日目は午前中に9つの分科会を実施。午後の全体会は「性暴力禁止法の制定にむけて」と題してのシンポジウムがあった。最後に参加者共同アピールを採択して閉会となった。全国からこのように多くの関係者が結集したことは、これからのDV防止に向け大きな力になることと信じる。
2009年は11月22日・23日の日程で栃木県で開催される。                 
                          

*分科会報告は次回

ニュースレター09年春号 その3

2009年04月10日 15:46

《報告》もっとよくなる夫婦の関係
       ~ 夫婦ゲンカ? DV? ~

「DV防止講座」の切り口を少し変えて、「夫婦ゲンカとDV」の境目はどこなのか?もしかしたら気がつかなかったけれど、「これってDVの始まり??ただの夫婦ゲンカ?」と、日常の出来事を振り返る講座を企画しました。


08年11月29日
ちば県民共生センターフェスティバル

若いカップルが親に勧められて参加。行政関係者が上司に勧められて参加。など、関心の高いワークショップでした。「DV Q&A」とDV基礎講座。ケーススタディでは日常、交わされている会話や行動のシナリオを読み、「どのように感じたか。どうしたら良い関係が作れると思うか」を話し合ってもらいました。相手をせめるのではなく、卑屈になるのでもなく、対等に意見を言える、自分の考えを話す。といった参加者からの意見はまさに、私たちがさまざまなところで話してきたことそのものでした。

08年12月10日
幸町公民館女性セミナー

参加者は少なかったのですが、公民館主催事業で「DV」をテーマにセミナーが行われたことは、DV支援活動をする私たちにはうれしいことでした。参加者の中国人の方が、中国には「DVは無い」と言い切っていたのが印象的でした。また、女性が経済的に自立していたら対等な関係を築くことができるのか?女が我慢して、男は変われないのか?理想の家庭ってなんだろう?といった奥深い質問がフリートークで投げかけられました。
 

◆参加者の感想から◆
*ケーススタディの健一さんと和子さんの例はとてもわかりやすかったです。本人たちは何気なく会話をしていると思うのですが、そこに男女差別やDVが隠れているのだということを発見しました。

ニュースレター09年春号 その2

2009年04月09日 14:55

《報告》「千葉市女性センターまつり  08年12月6日 
 
ちょっと変身!日常のあなたから

『ちょっと変身!日常のあなたからゲームとトークで』と言うタイトルで「ウーマンネットちば」との共催で企画しました。私は日常生活の中ではなかなか自身の解放や切り替えがうまく出来ません。歩き方で今の自分を表現する事や、思いっきり大声を出して怒りをぶっつけるなどとても気恥ずかしさが先にたってぎごちなかったのですが、講師の竹森茂子さん(「ウィメンズ・アート・ワーク“ラップ・マム”」主宰)の巧みなトークと誘導についその気になって次第にそのパフォーマンスもエスカレートし、参加者も楽しめるようになりました。終わっりた直後より数日たってからのほうが、スポーツで汗をかいたあとの爽快感とはちがう感情の表現を出す開放感を心地よく思い出しています。           

005.jpg 

001.jpg

ニュースレター 09年春号 その1

2009年04月08日 18:02

ウィメンズ・ウィングでは年に1回、ニュースレターを発行しています。
何回かに分けて掲載します。
soratobu.jpg
〈巻頭コラム〉正しくない働き方    
                   理事:岩楯 堪子
最近、新聞、テレビ等で「派遣」が取り上げられない日はない。未曾有とかいう経済危機に見舞われて以来、あたかも目新しいことのようにその労働条件や働き方の実態が報道されている。派遣だけでなくパートタイム、アルバイト、期間労働などひっくるめて「非正規雇用」「非正社員」と表現される。当然「正規雇用」「正社員」に対する「非正」であるからには、正しい働き方ではないということなのだろうか。
私たち女性にとってそれは特別目新しいことでなく、ごくありふれた働き方だ。結婚や出産で一旦仕事をやめた後は、もう選択の余地などなく非正規雇用に甘んじてきたのだ。しかし非正規の収入では自立は難しく、正規への道は遠い。精神的、社会的に自立出来ても肝心の経済的自立は果たせない。最も解決が難しい女性問題だろう。経済的自立を果たしている女性はどの位いるのだろうか。私は常に親や夫に扶養されてきており、一度も経済的に自立したことはない。女性問題を学び、自立をテーマにしてきたが、経済的自立は未だにどうしても越えられない高い壁だ。
DV被害者の場合、やっとの思いで夫の元から逃れシェルターに入っても、そのうち17%はまた夫の家に戻っている。(2007年度 千葉県女性サポートセンター調査)その理由はいろいろだろうが、経済的自立の困難さが大きな要因であることに間違いはない。
長く女性問題だったものが今、「男性にとっても問題」となり、ようやく「社会問題」として解決への方策が語られ始めている。日本では何事も「男性の問題」にならなければ本気で解決されることはない。まあそれでもいい。良い方向に向かうならば、私たち女性にとっても問題は解決されるだろう。                                          



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。