スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV相談窓口、生理用品に記載して…長男失った女性訴え

2009年09月10日 15:04

DV被害者の女性が、生理用品のメーカーに、生理用品に相談窓口の記載をしてもらいたいと依頼し、インターネット署名活動をはじめました。

確かに生理用品は盲点です。とにかく目につくいろいろな場所に、「いつでも相談できる」というメッセージがあれば、急に思い立ってもTELすることができ、被害者の命が救われることもあるのです。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

児童虐待 隠れた被害は甚大だ

2009年07月17日 07:37

社説:児童虐待 隠れた被害は甚大だ

 08年度に全国の児童相談所で対応した虐待相談は4万2662件に上る。児童虐待防止法ができた00年(1万7725件)の2・4倍で、連日120件もの相談が寄せられていることになる。これまで見過ごされてきた軽微なケースまで相談されるようになったとも言われるが、楽観的な見方は許されないだろう。昨年4~6月だけで頭の骨を折るなど生命の危機にさらされていた子が129人、重度の虐待で継続治療が必要な子を加えると597人にも上るというのである。
(毎日新聞 7月17日)

[ 続きを読む ]

昨年度の児童虐待、過去最多4万件超す 0歳児が5割弱

2009年07月15日 23:07

 全国の児童相談所が08年度に対応した児童虐待は、過去最多の4万2662件(速報値)に上ると、厚生労働省が14日、発表した。前年度より2023件増えた。子どもの安全確認のため、児童相談所は08年度から強制的に立ち入り調査できるようになったが、相談職員にはためらいもあるとみられ、実施は2件にとどまった。

 児童虐待の件数は、統計をとり始めた90年度から連続して増え続け、10年前の約6倍に。厚労省虐待防止対策室は「虐待そのものが増加しているほか、虐待に対する認識が高まり、通報や相談が増えている」とみている。

 また、07年1月~08年3月に虐待によって死亡したのは、115件142人。心中・心中未遂を除く73件78人のうち、0歳児が5割弱を占めた。母親に相談相手がいなくて孤立していたり、精神的問題を抱えていたりするケースが目立った。
          (朝日新聞 2009年7月14日15時3分)

[ 続きを読む ]

デートDV高校生・大学生の3割が経験

2009年06月23日 17:04

「デートDV」高校・大学生の3割経験…石川で民間調査

 市民団体「石川おんなのスペース」(代表・深川明子金沢大名誉教授)が、石川県内の高校生と大学生を対象に実施した「若い世代の恋愛についてのアンケート」がまとまり、恋人がいる若者の約3割が、行動を制限されたり、言葉の暴力を受けるなどの「デートDV」を経験している実態が浮き彫りになった。

 (2009年6月23日06時54分  読売新聞)

[ 続きを読む ]

デートDVソングを大学生が作成

2009年06月23日 06:37

「デートDV」やめて、早大生が啓発ソング 

公開授業で歌う半田さん(早大で) 恋人間で起こる暴力「デートDV」への関心を高めようと、早稲田大学の学生が啓発ソング「心のつながり」を制作した。

 大学の授業でDVについて研究した上で、若者らしい感性で作詞・作曲。大学のホームページで公表しており、誰でも聴くことができる。

(2009年6月21日  読売新聞)

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。